FC2ブログ

サッカー日本代表「中澤佑二」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「プロフェッショナルとは、見ている人を幸せにすることができて、楽しませることができて、その人を見て夢を持つことができる、そういう存在がやっぱりほんとうのプロフェッショナルなのかなと思います。」
スポンサーサイト



ホームレス支援「奥田知志」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「プロフェッショナルとは、使命という風が吹いたときに、それに身をゆだねることができる人だと思います。そして、そのときに、自分の思いとか考えとか、都合とか好き嫌いというものをやっぱり一部断念することができる人。それがプロだというふうに考えてます。」

起訴状での被害者匿名扱い

日本経済新聞(平成25年9月18日夕刊)によれば、「ストーカーや性犯罪事件の起訴状で被害者を匿名にするケースについて最高裁の司法研修所の研究会が協議し、『再び被害に遭う恐れが高い場合は例外的に実名以外の記載が必要になる』との意見で一致したが、現行法での被害者保護の限界も指摘された。」そうです。
被害者保護の観点から裁判所、検察庁、弁護士会の中で充分な協議をしてもらいたいですね。

料理人「西健一郎」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「プロフェッショナルとは、お客様のその日の気持ちというのがわかることだと思います。そのことをきちっと把握して、料理ができることじゃないでしょうか。」

航空管制官「堀井不二夫」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「プロフェッショナルとは、決しておごらず、常に相手の状況を考えて心を通わせ、その時その時の最適の判断をする。そしてそのための努力を怠らないことです。」

考古学者「杉山三郎」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「プロフェッショナルとは、どういう分野でも、このことだったらこの人に聞きたいと思わせるような人、それが知識であれ、理論であれ、技術であれ。そういうピースを持っている人ですね。それがプロだと思います。」

森林再生「湯浅勲」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「プロフェッショナルとは、心の底から、その仕事に思い切って打ち込めるかどうか。自分の命をかけるとか、人生をかけるとか、そういうことをやっても、それで心の底が納得している人。これがプロフェッショナルだというふうに思っています。」

まぐろ仲買人「藤田浩毅」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「プロフェッショナルとは、どうでもいいことにこだわり続ける、意地を張り通すということですかね。」

診療所医師「中村伸一」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「プロフェッショナルとは、逃れられない困難な状況にあっても、それを宿命として受け入れる。なおかつ、時として、それをプラス思考にして楽しんでいく。そういうことが出来るのが、プロフェッショナルじゃないでしょうか。」

へら絞り職人「松井三都男」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「プロフェッショナルとは、挑戦し続ける、いつまでも逃げないで挑戦し続けるということですよね。逃げちゃえばそこで終りになっちゃいますので、挑戦があるのみだと思います。」

バレエダンサー「岩田守弘」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「人間って、良くないことが起こっている時に成長しますね。舞台で踊っている他の人を見ても、苦労している人ほどいい踊りをしている。苦労すればやさしくなれるし、人のことを思いやれる。バレエでも人生でも、やさしさは大事だと思っています。たとえ何もしなくたって、その人のことを思いやっていれば、それは優しさだと思う。」
「プロフェッショナルとは、冷たい目で見られても、舞台がどんなでも、穴が開いていようが寒かろうが、どんな時でも、どんな場所でも、周りがどんなでも、自分のすることをしっかりできる人。」

騎手「武豊」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「圧倒的に多い負けをムダにしないで教訓にできる人が、他の人よりもちょっと勝てるんじゃないかな。」
「プロフェッショナルとは、うーん。貫くことですかね。その自分のやるべきことを、流されずに。僕自身がそうやっていきたいなとは思っています。」

認知症介護「大谷るみ子」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「プロフェッショナルとは、何が、大切かっていうのをちゃんとわかっていて、いっぱい壁があるんだけど、それにきちんと向き合って、何だろ、いつもね志を高く持って進んでいく人、じゃないかと思うんですけど。」

人工心臓開発「野尻知里」

「プロフェッショナル仕事の流儀2008-2009」より。
参考になる言葉です。
「プロフェッショナルとは、まず大事なのは、何にパッションを覚えるかを探すこと。それを見つけたら、もうしつこく粘り強くあきらめずやり続けること。障害があったら、それをスプリングボードにすることだと思います。」
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR