FC2ブログ

困窮者支援45%未実施

日本経済新聞(平成27年7月6日夕刊)の記事によれば、「生活保護に至る手前の新たなセーフティーネットとして4月に始まった生活困窮者自立支援制度で、自治体の45%が、地域のニーズに合わせて選ぶ学習支援などの4事業を一つも実施していないことが、厚生労働省の調査で6日までに分かった。」そうです。
親の世代から子の世代への貧困の連鎖が問題とされています。この連鎖を断ち切るためには、子への学習支援が欠かせません。
きちんとした運用がなされることを希望します。
スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR