FC2ブログ

松下幸之助著「続・道をひらく」

印象に残った言葉です。
「事あるたびに」から。
いろいろのことがあって、よくないと思うこともいろいろあるけれど、一見よくないと思うことも、それはいつか必ずよき事にむすびつき、時至れば一転して発展への道にむすびついていくのだという思いに立つことは、これはお互いにとってそれほどの難行ではなかろう。すなわち、事あるたびにすべてがよくなるという思いを、素直に何度もかみしめて、たゆまぬ歩みを続けることである。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR