FC2ブログ

松下幸之助著「続・道をひらく」

印象に残った言葉です。
「成功の連続」より。
何ごとにおいても、三べんつづけて成功したら、それはまことに危険である。つづけて三度も調子よくいったなら、どうしても自己を過信する。自分は大したものだと思うようになる。そして世間を甘く見る。そこから、取返しのつかない過失を生み出してしまうのである。自分で自分を省みて、やり方によってはもっとよい成果があがったはずだったと考えたら、それはやはり一つの失敗である。こうして、三度に一度は失敗するが、そこから新たな自己反省を得て二度は成功する。それがくりかえされて、次第次第に向上する。それが本当の成功の連続というものではなかろうか。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR